特定技能

外国人技能実習生

即戦力【外国人技能実習VS特定技能】

外国人を雇用する際、雇用の安定がある資格や即戦力になる資格などあります。 職種に限りはありますが、経験があり即戦力になる人材もいれば、新卒のようにまだ色も染まっておらず、一からじっくり教育していくことができる人材もおります。 外国人人材を安い労働力で雇用するという考えがあると稀に聞きますが、時代に逆行しています。 外国人人材を雇用するのは様々な可能性があり、企業のさらなる発展へと導いてくれます。 その中で、技能実習と特定技能の資格に関して、即戦力かどうか説明していきます。
外国人技能実習生

費用【外国人技能実習VS特定技能】

外国人を雇用するのにかかる採用コストは、日本人を雇用するよりも高いといわれております。基本的に採用コスト+給料がかかります。 お給料に関して技能実習の場合のそれぞれの職種の相場、特定技能でのそれぞれの職種の相場、日本で働く外国人は各職種の給料の相場を知っております。 そのため相場よりも低いと、人材が集まらないことや、働いても途中で辞めてしまうことがあります。 外国人の雇用の中で『外国人技能実習』と『特定技能』の資格があり、どちらの方が、コストパフォーマンスが良いかご説明していきます。
外国人技能実習生

長期雇用【外国人技能実習VS特定技能】

外国人材を雇用するのに大事なことが長期での雇用です。 安定した雇用を獲得することで、企業にとって生産性を多く上げることができます。 働く外国人材も長く一生懸命働きたい気持ちがありますが、企業の労働環境によっては転職する外国人も多くなります。 外国人材を雇用する際に、働く資格に転職可能な資格と転職ができない資格があり、転職ができない資格のほうが長く雇用することはできます。しかし労働環境を良くしていかなければ良い人材が集まりづらくなってしまいます。 外国人材を雇用する資格に『技能実習』と『特定技能』がございます。 どちらが雇用の安定があるかご説明していきます。
外国人技能実習生

教育方法大公開【外国人技能実習VS特定技能】

外国人材を雇用をする際、特に重要になってくるのが『教育』になります。 外国人材を雇用する多くの企業は、はじめは教育に悩むことが多々あります。 日本語が通じないから細かく説明できないというのは大きな課題です。 すでに教育をマニュアル化してある企業でさえ、最初は教育が大変という問題が出てきます。 一方で、教育に対して真っ向に向き合っている企業は、教育・指導の仕方を大きく変え、企業としての基盤や生産性が上がることもあります。 外国人人材を雇用することは、やり方、考え方によって企業にとっては大きくプラスになります。 外国人人材を雇用する中で、技能実習生と特定技能どちらが教育に関してよいかご説明していきます。
外国人技能実習生

日本語力【技能実習生VS特定技能】

最近では、外国人雇用の需要が多くなり、外国人人材を活用している企業も増えてきました。 日本で技術を学び母国の発展に活かす『技能実習生』は、日本に約40万人いるといわれております。(2021年4月時点) 日本での人手不足が深刻化しており、その人手不足を即戦力として補う『特定技能』は2019年4月から始まり、約2万人の特定技能外国人がおります。(2021年4月時点) この外国人技能実習生と特定技能外国人の日本語力を解説していきます。
特定技能

特定技能外国人に必要な絶対条件【外国人雇用】

特定技能外国人は受入れ企業様にとって、即戦力となります。 即戦力になるためには、高い知識力、技術力、日本語力が必要になり、簡単に取れる資格ではありません。 特定技能の資格を取得したい外国人にとって、特定技能の資格を取得するためには必要条件があります。
外国人技能実習生

職種【技能実習VS特定技能】

昨今、外国人雇用の需要が増えてきており、2019年に新しい在留資格《特定技能》が追加されました。以前からある《技能実習》はたいへん人気な在留資格であり、《特定技能》と似ているといわれております。 技能実習と特定技能どちらがよいのか検証いたしました。 今回、職種はどちらが多いか、どんな職種が可能かご説明していきます。
特定技能

特定技能外国人を雇用する流れ【日本国内から雇用する場合】

人手不足解消のためにできた特定技能というビザ(在留資格)。 少しずつ特定技能外国人を雇用する企業は増えております。 しかしまだまだ認知されておらず、 『特定技能外国人を雇用する企業も増えてきているが、そろそろうちも特定技能外国人の雇用を検討したい。しかし特定技能外国人の雇用はどのようにすればいいのかよくわからない。』という声が多くあるのでご説明していきます。 特定技能外国人を雇用するにあたり、パターンが2つあります。
特定技能

特定技能外国人を雇用する流れ【海外から雇用する場合】

特定技能外国人を雇用するにあたり、パターンが2つあります。 日本にいる外国人の雇用(技能実習生や留学生など) 海外にいる外国人の雇用(特定技能のビザを取得できる条件をクリアしている) この記事では海外から外国人特定技能を雇用する流れをご説明していきます。
特定技能

特定技能外国人を雇用する前に知るべきポイント~入国後~【特定技能】

特定技能外国人を雇用する前に知るべきポイント~入国前~ の続きになり、今回の記事は特定技能外国人を雇用する前に知るべきポイント~入国後~ の知るべきポイントになります。 特定技能外国人の受入れを始めたら、協議会への加入や入国管理局へ定期的な届出など必要になります。
タイトルとURLをコピーしました