特定技能

特定技能1号の外国人材に対する支援【外国人雇用】

特定技能外国人を雇用する際、特定技能外国人が安定して活動できるよう、受入れ企業もしくは登録支援機関が支援をする必要があります。 支援には出入国の送迎、公的手続等の同行などなどあります。
特定技能

特定技能受入れ企業の基準&すべきこと【外国人雇用】

外国人特定技能を雇用する際、受入れ企業が満たす基準や義務があります。 昨今では外国人材を雇用していてルールを守らない企業も少なくありません。 最低賃金よりも低く働かせる、残業代を支払わない、雇用契約で結んだ内容と違う、などまだまだこのようなことが多々あります。 そのようなこともあり、外国人材を雇用する企業は労基署や入国管理局などに厳しくチェックされることになります。 特定技能受入れ企業の基準&すべきことを説明していきます。
特定技能

特定技能の概要

外国人を雇用する際、条件によって特定技能の在留資格での雇用をすることができます。 特定技能とはどんな資格なのか新たな在留資格「特定技能」の制度概要について解説します。 特に企業に求められる条件や特定技能外国人に対する支援策について詳述していきます。
外国人雇用

早期退職を防ぐ方法 ②【外国人雇用】

こんにちは、ワールドチアーズ協同組合です。 外国人社員を雇用して早期退職を防ぐ方法①のつづきになります。 外国人社員への教育に対して気をつけなければいけないポイントを徹底解説していきます。
外国人雇用

早期退職を防ぐ方法 ①【外国人雇用】

こんにちは、ワールドチアーズ協同組合です。 外国人材を雇用する際、早期退職されてしまうことが会社にとって大きな損失となってしまいます。採用コストがかかり、新人教育して1年ほどでやめてしまうことが多々あります。早期退職の原因はさまざまありますが、その原因を少しでも防ぐ方法を説明していきます。
外国人雇用

外国人社員とのコミュニケーション向上方法 ②【外国人雇用】

外国人を雇用する際、コミュニケーションを取ることが非常に重要になります。 コミュニケーションを向上させるには、日本人社員の協力も必要になります。 仕事中の場合、指示をしても本人に伝わりにくいこともあります。
外国人技能実習生

エルフスの申請手順【外国人技能実習生】

2022年3月1日から日本へ入国するためのビザ申請をする際エルフスの登録をし、審査済証が必要になります。 このエルフスの登録から申請、審査済証を手に入れるまでの流れを説明していきます。
外国人雇用

外国人社員とのコミュニケーション向上方法 ①【外国人雇用】

外国人材を雇用する際、特に重要なことが『コミュニケーション』をとることになります。 コミュニケーションをとることで、仲を深めるのはもちろんですが、外国人社員の不安な部分を取り除くこともでき、絶大な効果となるのです。 日本人と外国人の文化との「違い」を知り、またその「違いを乗り越える方法」を習得することです。 外国人材に日本人と同じ言動を強要するのではなく、その違いを認め、円滑に業務ができるようにお互いが歩み寄ることが必要になります。 外国人材の能力を最大限発揮するためにやっておくポイントを説明していきます。
外国人技能実習生

ベトナム実習生ビザ申請の新ルール【外国人技能実習生】

令和4年3月1日から条件を満たす外国人の方の新規入国が認められます。 その中でベトナムの技能実習生、特定技能、留学生等に対してビザ申請のルールが発表されました。 令和4年3月1日以降、「水際対策強化に係る新たな措置(27)」に基づき、条件を満たす外国人の方の新規入国が認められます(同措置の対象者等の詳細はこちら)。同措置に基づく査証につきましては、非常に多くの方から申請が寄せられることが予想されるところ、感染症予防対策の観点から、在ベトナム日本大使館窓口の混雑緩和のため以下のとおり事前の予約申込をお願いいたします。
外国人技能実習生

入国再開【外国人技能実習生】

外国人技能実習生の入国が2022年3月1日から遂にできるようになりました。 コロナが始まって2020年3月から実習生の入国が緩和されず、この2年間のあいだに緩和されては入国禁止と2度続きましたが、とうとう完全緩和になります。 しかし入国するにあたってコロナ前と入国するまでのステップが増えています。 ERFS(エルフス)?? My SOS?? COCOA?? 質問票Webの事前登録??などの登録が必要となります。 入国するまでの流れを説明していきます。
タイトルとURLをコピーしました