外国人雇用

セクシュアルハラスメントについて説明するとき【外国人雇用】

外国人材を雇用する際、セクシャルハラスメントについて説明をする必要があります。 いわゆるセクハラですが、日本でも線引きがだんだんと厳しくなってきております。 アメリカでは髪を切った女性に対して、キレイだねと言っただけでもセクハラになってしまうケースもあります。 セクハラになってしまう行為、セクハラに遭った場合の説明をしていきます。
外国人雇用

パワーハラスメントについて説明するとき【外国人雇用】

外国人材を雇用する際、パワーハラスメントの説明をする必要があります。 パワハラには蹴る、たたくなどありますが昨今では、精神的に追い込むことが多くなっております。会社全体でパワハラをしない、されない環境を整えることが非常に大事になります。 パワハラに対しての伝え方を説明していきます。
外国人雇用

災害補償について説明するとき【外国人雇用】

外国人材を雇用する際、通勤災害や業務災害などの災害補償について説明する必要があります。 仕事中にけがや病気になったときにお金をもらうことができることなど、どのように伝えるかご説明しております。 労働者災害補償保険(以下「労災保険」)は、労働災害が原因で、働く人が病気やけがをした場合に国からお金が給付される制度です。 労働災害は、「業務災害」と「複数業務要因災害」と「通勤災害」の3つに分けられます。
外国人雇用

健康診断について説明するとき【外国人雇用】

外国人材を雇用する際、健康診断についての説明が必要になります。 健康診断の実施は法律で決められていますし、日本と海外でも健康診断に対しての違いもあります。 外国人材へ日本の健康診断はなにをするのか、どのように実施するのかの伝え方を説明していきます。
外国人雇用

退職に関する自己都合?会社都合?【外国人雇用】

外国人材を雇用する際、退職に関して自己都合か会社都合かの説明が必要になります。 自己都合の場合は、雇用保険の手当を受給するまでに時間かかりますが、会社都合だと退職して申請をすればすぐに受給できます。 どのようなときが自己都合か会社都合か説明していきます。
外国人雇用

解雇について説明するとき【外国人雇用】

外国人材を雇用する際、解雇の説明をする必要があります。 海外でも日本とは多少異なりますが、解雇する場合には正当な理由が必要であり、解雇にも様々な種類があります。 どのような場合解雇するか、どんな種類の解雇があるのか説明をしていきます。
外国人雇用

退職後必要な手続き【外国人雇用】

外国人材を雇用して退職した場合の手続きは、日本人が退職したときとあまり変わらず、ハローワークへの届出をしなければなりません。 しかし、退職する外国人の方は様々なことをする必要があります。 円満に退職、円満でなく退職とありますが退職したあと何を本人に伝える必要があるか説明していきます。
外国人雇用

退職について説明するとき【外国人雇用】

外国人材を雇用して退職してしまう場合、最後までサポートする必要があります。 退職にも日本と海外に違いがあるため、退職の準備や退職後に雇用保険の使い方などを伝えることが大事になります。 退職理由もはっきりさせておかなければトラブルになることもあります。 外国人社員が退職するときの説明をしていきます。
外国人雇用

休職、休暇、休業についての説明【外国人雇用】

外国人材を雇用する際、休職、休暇、休業の説明をする必要があります。 有給については知っている外国人は多いですが、休職、休暇、休業の違いは日本人でも正確にわかる人が少なく思えます。 たとえば休職した場合は、会社から給料が発生するのか、国からお金がもらえるのか、などどのようなシチュエーションだと補償が出るのか境界線を伝えることで、理解して休みをとることができます。 休職、休暇、休業は少し似ている言葉なので、ひとつひとつ丁寧に説明することが大事になります。 「休職」、「休暇」、「休業」は間違えやすい部分です。特に、休みの間も給料が出るかどうかはトラブルにつながる場合があります。3つの休みの違いを説明していきます。
外国人雇用

人事異動の説明【外国人雇用】

外国人材を雇用する際、会社で人事異動がある場合、人事異動の説明をする必要があります。 人事異動で離職につながるケースも多いため、しっかり丁寧に説明し、理解してもらうことが大事になります。 人事異動に関することとどのように伝えていけばよいか説明していきます。
タイトルとURLをコピーしました