外国人雇用

早期退職を防ぐ方法 ①【外国人雇用】

こんにちは、ワールドチアーズ協同組合です。 外国人材を雇用する際、早期退職されてしまうことが会社にとって大きな損失となってしまいます。採用コストがかかり、新人教育して1年ほどでやめてしまうことが多々あります。早期退職の原因はさまざまありますが、その原因を少しでも防ぐ方法を説明していきます。
外国人雇用

外国人社員とのコミュニケーション向上方法 ②【外国人雇用】

外国人を雇用する際、コミュニケーションを取ることが非常に重要になります。 コミュニケーションを向上させるには、日本人社員の協力も必要になります。 仕事中の場合、指示をしても本人に伝わりにくいこともあります。
外国人技能実習生

エルフスの申請手順【外国人技能実習生】

2022年3月1日から日本へ入国するためのビザ申請をする際エルフスの登録をし、審査済証が必要になります。 このエルフスの登録から申請、審査済証を手に入れるまでの流れを説明していきます。
外国人雇用

外国人社員とのコミュニケーション向上方法 ①【外国人雇用】

外国人材を雇用する際、特に重要なことが『コミュニケーション』をとることになります。 コミュニケーションをとることで、仲を深めるのはもちろんですが、外国人社員の不安な部分を取り除くこともでき、絶大な効果となるのです。 日本人と外国人の文化との「違い」を知り、またその「違いを乗り越える方法」を習得することです。 外国人材に日本人と同じ言動を強要するのではなく、その違いを認め、円滑に業務ができるようにお互いが歩み寄ることが必要になります。 外国人材の能力を最大限発揮するためにやっておくポイントを説明していきます。
外国人技能実習生

ベトナム実習生ビザ申請の新ルール【外国人技能実習生】

令和4年3月1日から条件を満たす外国人の方の新規入国が認められます。 その中でベトナムの技能実習生、特定技能、留学生等に対してビザ申請のルールが発表されました。 令和4年3月1日以降、「水際対策強化に係る新たな措置(27)」に基づき、条件を満たす外国人の方の新規入国が認められます(同措置の対象者等の詳細はこちら)。同措置に基づく査証につきましては、非常に多くの方から申請が寄せられることが予想されるところ、感染症予防対策の観点から、在ベトナム日本大使館窓口の混雑緩和のため以下のとおり事前の予約申込をお願いいたします。
外国人技能実習生

入国再開【外国人技能実習生】

外国人技能実習生の入国が2022年3月1日から遂にできるようになりました。 コロナが始まって2020年3月から実習生の入国が緩和されず、この2年間のあいだに緩和されては入国禁止と2度続きましたが、とうとう完全緩和になります。 しかし入国するにあたってコロナ前と入国するまでのステップが増えています。 ERFS(エルフス)?? My SOS?? COCOA?? 質問票Webの事前登録??などの登録が必要となります。 入国するまでの流れを説明していきます。
外国人雇用

入社スタート|会社での働き方について知ってもらおう【外国人雇用】

外国人材を雇用して入社はじめに、自社での働き方について知っていただく必要があります。自社独自の説明もあると思いますが、外国人材に対してしっかり伝えるポイントを解説いたします。 さらに外国人材に伝わるビジネスマナーの説明をしていきます。
外国人雇用

内定から入社までの生活支援【外国人雇用】

外国人材を雇用する際、書類選考、面接をして内定を出します。 内定を出して入社日までなにもしないわけにはいきません。 内定書を発行して、文化の違いで齟齬がないようにお給料など会社について説明します。 さらに近隣のあいさつ、ごみの出し方など様々なことを説明する必要があります。 内定から入社までの間、どのようなことを生活面の支援をすればよいかご説明いたします。
外国人雇用

内定から入社までの流れ【外国人雇用】

外国人材を雇用する際、書類選考から面接をして採用する流れで内定を出します。 内定証明書を発行し、外国人材の在留資格の変更、ハローワークの届出など様々な手続きを行う必要があります。 内定から入社までどんな手続きをすればよいか、詳しく説明していきます。
外国人雇用

面接で他社との差をつける方法 ②【外国人雇用】

外国人材雇用の『面接で他社との差をつける方法①』の続きになります。 前回でお伝えしたのは、面接による質問のポイントでした。 質問のポイントで日本語力や経験に基づいた能力を引き出すことができます。 さらに外国人応募者の潜在意識や潜在能力を引き出していくことで、自社に合う人物かどうか見極めることができます。 今回では面接時の質問で面接する外国人材の潜在能力を引き出す工夫の仕方を説明していきます。
タイトルとURLをコピーしました