外国人雇用

求める日本語力【外国人雇用】

外国人を雇用する際、日本語能力を判断することは非常に大事になります。 『リーディング力』、『リスニング力』、『スピーキング力』、『ライティング力』4つの能力があり、外国人材の働く業種や部署等によって必要な能力を判断することもあります。 4つの能力が安定的にある人材や、ひとつ秀でている人材など、どのような人材を採用するか整理する必要があります。 日本語能力を図る試験について説明していきます。
外国人雇用

採用計画ステップ【外国人雇用】

外国人を雇用する際、雇用する目的、期待する役割や業務内容を明白する必要があります。 そうすることで効率的な採用活動ができるだけでなく、入社後の配置や育成計画も考えやすくなります。 さらにミスマッチの防止、雇用の安定にもつながります。 候補者にも業務内容やお給料など齟齬がないように細かく業務内容等説明する必要もありますが、会社側でも雇用する目的、業務内容等、明白にして準備することが重要になります。
外国人雇用

外国人の採用を始める重要事項【外国人雇用】

外国人を雇用する際、外国人を雇用する基本的な知識を身につけておく必要があります。 まず会社が外国人を雇用する体制を整えること、外国人人材を適切に雇用の管理ができることが大事になります。 さらに外国人を雇用することで労働基準法を遵守しているかより厳しく見られることもあります。労働基準法に反していないか再確認が必要です。
外国人雇用

企業の発展に役立つ在留資格一覧【外国人雇用】

外国人を雇用する際、就労可能な資格が必要になります。 在留資格の種類、雇用する外国人の能力や大学で学んだことによって、働ける業種が決まります。 就労できる資格があるからと、どんな仕事でも日本で働けるわけではありません。 就労を目的とした在留資格のうち、一般的な在留資格を説明いたします。
外国人雇用

不法就労の恐ろしさ【外国人雇用】

外国人を雇用する際、不法就労をさせては絶対にいけません。 そのためまずは在留資格を知る必要があります。 在留資格は全部で29種類あり、在留資格によって日本にいることができる活動内容が決まります。 働くことができる在留資格、働くことのできない在留資格があり、在留資格を把握する必要があります。 29種類の中で、就労可能な在留資格就労が認められない在留資格に分けられます。
外国人雇用

働くことができる在留資格の種類【外国人雇用】

外国人材を雇用する際、在留資格を確認する必要があります。 本人たちが持参している在留カードの在留期限、在留資格を必ずチェックしなければなりません。 そのときに働くことができる在留資格の一覧をご紹介していきます。 在留資格によって働くことができる職種、働けない職種もあるのでご注意ください。
外国人雇用

働く時間と休み時間を説明するとき【外国人雇用】

外国人材を雇用する際、在留資格によって働くことができる時間が違ったりするため、ある程度在留資格について把握していることが大事になります。 1週間で28時間しか働くことができない在留資格、在留資格の更新時期、永住権を取るにはどのくらいの期間なのかご説明していきます。
外国人雇用

在留資格とは【外国人雇用】

外国人材を雇用する際、在留資格の説明が必要になります。 本人たちも在留資格について詳しい部分がありますが、不法就労にならないためにもお互いで確認し合うことが大事になります。 在留資格の期間、更新時期、在留資格の違いを説明していきます。
外国人雇用

退職金について説明するとき【外国人雇用】

外国人材を雇用する際、職金について説明する必要があります。 どのくらい働けば退職金がでるのか、いくらの退職金がでるのかなど気になるところです。 退職金についての伝え方を説明していきます。
外国人雇用

マタニティハラスメント、その他ハラスメントについて説明するとき【外国人雇用】

外国人材を雇用する際、マタニティハラスメントについて説明する必要があります。 マタニティハラスメントになり得る境界線はどこなのか、さらにその他ハラスメントになり得るポイントを説明しております。
タイトルとURLをコピーしました