外国人技能実習生

外国人技能実習生、技能実習制度について説明しています。

外国人技能実習生

エルフスの申請手順【外国人技能実習生】

2022年3月1日から日本へ入国するためのビザ申請をする際エルフスの登録をし、審査済証が必要になります。 このエルフスの登録から申請、審査済証を手に入れるまでの流れを説明していきます。
外国人技能実習生

ベトナム実習生ビザ申請の新ルール【外国人技能実習生】

令和4年3月1日から条件を満たす外国人の方の新規入国が認められます。 その中でベトナムの技能実習生、特定技能、留学生等に対してビザ申請のルールが発表されました。 令和4年3月1日以降、「水際対策強化に係る新たな措置(27)」に基づき、条件を満たす外国人の方の新規入国が認められます(同措置の対象者等の詳細はこちら)。同措置に基づく査証につきましては、非常に多くの方から申請が寄せられることが予想されるところ、感染症予防対策の観点から、在ベトナム日本大使館窓口の混雑緩和のため以下のとおり事前の予約申込をお願いいたします。
外国人技能実習生

入国再開【外国人技能実習生】

外国人技能実習生の入国が2022年3月1日から遂にできるようになりました。 コロナが始まって2020年3月から実習生の入国が緩和されず、この2年間のあいだに緩和されては入国禁止と2度続きましたが、とうとう完全緩和になります。 しかし入国するにあたってコロナ前と入国するまでのステップが増えています。 ERFS(エルフス)?? My SOS?? COCOA?? 質問票Webの事前登録??などの登録が必要となります。 入国するまでの流れを説明していきます。
外国人技能実習生

即戦力【外国人技能実習VS特定技能】

外国人を雇用する際、雇用の安定がある資格や即戦力になる資格などあります。 職種に限りはありますが、経験があり即戦力になる人材もいれば、新卒のようにまだ色も染まっておらず、一からじっくり教育していくことができる人材もおります。 外国人人材を安い労働力で雇用するという考えがあると稀に聞きますが、時代に逆行しています。 外国人人材を雇用するのは様々な可能性があり、企業のさらなる発展へと導いてくれます。 その中で、技能実習と特定技能の資格に関して、即戦力かどうか説明していきます。
外国人技能実習生

費用【外国人技能実習VS特定技能】

外国人を雇用するのにかかる採用コストは、日本人を雇用するよりも高いといわれております。基本的に採用コスト+給料がかかります。 お給料に関して技能実習の場合のそれぞれの職種の相場、特定技能でのそれぞれの職種の相場、日本で働く外国人は各職種の給料の相場を知っております。 そのため相場よりも低いと、人材が集まらないことや、働いても途中で辞めてしまうことがあります。 外国人の雇用の中で『外国人技能実習』と『特定技能』の資格があり、どちらの方が、コストパフォーマンスが良いかご説明していきます。
外国人技能実習生

長期雇用【外国人技能実習VS特定技能】

外国人材を雇用するのに大事なことが長期での雇用です。 安定した雇用を獲得することで、企業にとって生産性を多く上げることができます。 働く外国人材も長く一生懸命働きたい気持ちがありますが、企業の労働環境によっては転職する外国人も多くなります。 外国人材を雇用する際に、働く資格に転職可能な資格と転職ができない資格があり、転職ができない資格のほうが長く雇用することはできます。しかし労働環境を良くしていかなければ良い人材が集まりづらくなってしまいます。 外国人材を雇用する資格に『技能実習』と『特定技能』がございます。 どちらが雇用の安定があるかご説明していきます。
外国人技能実習生

教育方法大公開【外国人技能実習VS特定技能】

外国人材を雇用をする際、特に重要になってくるのが『教育』になります。 外国人材を雇用する多くの企業は、はじめは教育に悩むことが多々あります。 日本語が通じないから細かく説明できないというのは大きな課題です。 すでに教育をマニュアル化してある企業でさえ、最初は教育が大変という問題が出てきます。 一方で、教育に対して真っ向に向き合っている企業は、教育・指導の仕方を大きく変え、企業としての基盤や生産性が上がることもあります。 外国人人材を雇用することは、やり方、考え方によって企業にとっては大きくプラスになります。 外国人人材を雇用する中で、技能実習生と特定技能どちらが教育に関してよいかご説明していきます。
外国人技能実習生

日本語力【技能実習生VS特定技能】

最近では、外国人雇用の需要が多くなり、外国人人材を活用している企業も増えてきました。 日本で技術を学び母国の発展に活かす『技能実習生』は、日本に約40万人いるといわれております。(2021年4月時点) 日本での人手不足が深刻化しており、その人手不足を即戦力として補う『特定技能』は2019年4月から始まり、約2万人の特定技能外国人がおります。(2021年4月時点) この外国人技能実習生と特定技能外国人の日本語力を解説していきます。
外国人技能実習生

職種【技能実習VS特定技能】

昨今、外国人雇用の需要が増えてきており、2019年に新しい在留資格《特定技能》が追加されました。以前からある《技能実習》はたいへん人気な在留資格であり、《特定技能》と似ているといわれております。 技能実習と特定技能どちらがよいのか検証いたしました。 今回、職種はどちらが多いか、どんな職種が可能かご説明していきます。
外国人技能実習生

組合への連絡は重要!!【外国人技能実習生】

外国人技能実習生を雇用する際、連絡先の徹底は非常に大事になります。 技能実習制度では、組合を通して受入れしなければなりません。 そして組合は実習状況などを受入れ企業様と技能実習生から聞き取りをし、管轄している機構や入管へ報告いたします。 そのため組合は技能実習制度を熟知しているので、何かあれば小さいことでも組合に報告することが大事になります。 技能実習生にも相談窓口として、組合もしくは受入れ企業様に相談できるよう徹底する必要があります。
タイトルとURLをコピーしました